家計保障定期保険 比較

収入保障保険なのに、保険金の一括受け取りも可能。

生命保険へ加入する人の多くは、残された家族の生活を保障することを目的としています。保険金が支払われれば、自分の死後も家族がそれまでと変わらない生活を送ることができるので、安心して日々を過ごすことができるのです。

 

この子と妻を守る保険が収入保障保険

しかし、高い保険料の支払いは家計に大きな影響を与えます。

より良い保障を備えようとすればするほど保険料の支払額は膨らんでしまいますが、それにより家計を圧迫してしまうのでは本末転倒です。そこで保険料の支払額を抑えながらも、しっかりした保障を得られる保険商品が東京海上日動あんしん生命で開発されました。
家計保障定期保険は、いわゆる収入保障保険と呼ばれるものです。

 

この商品は被保険者が死亡したときに、保険金の受取人が受け取ることができる死亡保険金を、毎月定額で受け取ることができる商品です。

 

収入保障保険とは定期保険の一種で、通常の定期保険が事前に契約しておいた金額が一括で、生命保険会社から支払われます。対してこの収入保障保険は、契約時に決めた時期まで、年金のように毎月決まった金額の給付を生命保険会社から受け続けることになります。また定期保険に比べて保険料が割安なのが特徴です。

 

自分が死んでしまったとしても

支払う保険料の負担が少ないのに、万が一のことがあった場合にしっかりと生活費を確保することができるのが東京海上日動あんしん生命の家計保障定期保険[無配当]の特徴です。被保険者(生命保険の保障対象の人とか、保険が掛かっている人)が死亡した場合だけではなくて、高度の障害が発症した場合にも保険金を受け取ることができます。

 

月ごとに保険料の支払いを受けることができるので、給料の支払いを受けるように保険金を受け取ることができ、家計のやりくりなどもしやすくなっています。国から支給される遺族年金などが支払われる場合には、遺族年金だけでは足りない部分の金額をこの商品により埋めることができます。

特性の三大疾病の場合、保険料は不要です。サービスも豊富。

合理的な保障額を確保することができることも、東京海上日動あんしん生命の家計保障定期保険[無配当]の特徴の一つです。
子供がいる家庭などの場合には子供が就職をするまでの間は、「長期の生活費と、教育費」がかかる分、必要な保障額も高額になりますが、子供が就職をした後は生活に必要な保障額は激減します。

俺が死んでもこの子の夢はあきらめさせない

この商品はそうした年齢などによって変化する生活のための保障額を考慮して、保障を準備しておくことができる商品になっています。

 

保険金の受取りの方法を選択することができるのも、家計保障定期保険[無配当]の特徴となっています。保険金の受取りは大きく分けて、一時金として支払われる方法と分割払いで支払われる方法の二種類があります。多額の金銭を必要とするような事態が起こった場合などでも、一時金の方法による支払いを選択することにより対処することができます。

 

この保険には特約をつけることもできます。
がん、急性心筋梗塞、脳卒中になり所定の状態になった場合には、それ以降の保険料の支払いが免除される特約などがあります。

 

またこの保険へ加入すれば東京海上日動あんしん生命ならではのサービスを利用することもできます。東京海上日動あんしん生命では顧客サービスの一環として、病気やケガなどの際に専門家のアドバイスを受けることのできるメディカルアシストや、人間ドックや脳ドックを優待価格で受けられるサービスなどを実施しており、人生のさまざまなリスクに対するサポートを受けることができます。