カチッと収入保障 比較

ネット生保の収入保障保険

結構ややこしいのが、アクサ生命は保険営業が販売する生命保険会社。アクサダイレクトは自動車保険。そして「アクサダイレクト生命」は、ネット販売生命保険会社です。

この子と妻を守る保険が収入保障保険

元々ネット生命保険会社の「ネクスティア生命」でしたが、合弁していたソフトバンクグループがアクサジャパンホールディングに所持株式を全部場としたので、経営と名前が変わったのです。

アクサダイレクト生命のカチッと収入保障は、生活費に負担をかけないことを目指した保険料の、合理的な死亡保険で、まず保険料の安さが大きなメリットになっています。もちろん、保障も大きなメリットですよ。
アクサダイレクト生命ではインターネットを活用することで経費削減の努力を行っていますので、アクサダイレクト生命のカチッと収入保障は手頃な料金の保険料で加入することができます。

 

万が一、契約していた方が亡くなった場合でも年金を毎月受け取ることが可能となっており、残されたご家族の生活を支えることができます。

自分が死んでしまったとしても

必要保障額が毎年減少していくことと同じように、受け取れる年金額の総額が推移するように設定されていますので、それに合わせて合理的に保障を受け取る準備が行えます。

アクサダイレクト生命のカチッと収入保障では、イ申し込みもネット上で可能ですので便利に利用することができます。
インターネット上で申し込みを行って、その日のうちに契約手続きを完了させることができる保険で、契約の引き受け可能かどうかの回答はメールで行われて、引き受けられる場合には申し込んだ日からすぐに保障がスタートします。

ネット生保は保険料が安い?

カチッと収入保障は30歳男性の場合、同社の「カチッと定期2」に比べて保険料を約51%節約できるそうなのですが、収入保障保険と生粋の定期保険は保障方法が違うので、この違いは当たり前になります。
保険会社・保険営業は他社商品と自社商品を比較しながら販売するのは禁止されているので、この比較方法は仕方ないところですが、管理人が損保会社グループの生命保険会社の収入保障保険と比較したところ

 

俺が死んでもこの子の夢はあきらめさせない

他社の標準体(保険料割引無し) > カチッと収入保障 > 他社の優良体(保険料割引あり) > 他社の非喫煙優良体(凄い保険料割引あり) の順に保険料が下がる感じでした。

ネット生保=保険料が安いという伝説めいたものがあります。確かに「保険料について何の割引も無い」という前提での比較なら安いのですが、優良体割引や非喫煙体割引よりは保険料が高く見えてしまうようです。

 

これは、アクサダイレクト生命がこういった優良体割引を採用していないこともありますが、年齢や保険期間などの諸条件も関係してくると思うので、複数社の生命保険を同時比較出来る保険ショップとか、生命保険の専門家に聞いて、納得出来る保険料の保険会社・保険商品を選びましょう。

 

医師の診査は不要となっていて、健康状態についてインターネット上で質問に回答することで、アクサダイレクト生命のカチッと収入保障に加入することが可能です。更新型の保険ではないので、保険に加入している期間中の保険料は一定となっており上がることはありません。

 

アクサダイレクト生命のカチッと収入保障は契約者が死亡したとき、または高度の障害状態になったときに、毎月年金額を受け取ることができます。
死亡年金の受取総額は毎年減少していき、原則的に毎月支払いが行われますが、未払い分の年金の現価の全てまたは一部を一括で受け取ることも可能です。

 

年金タイプの保険金(毎月同額受け取りの保険金)の、(保険会社からの)支払われる事由が発生(被保険者→例:夫。夫死亡。または高度障害確定)後に、不幸が重なって年金を受け取る権利のある方(例えば妻)が死亡したときには、年金を受け取る権利のある方の法定相続人(夫婦の子供)が、将来分の年金の現価の全てまたは一部を一括で受け取ることができます。