収入保障保険プレミアム 比較

収入保障保険としては普通ですが

一般的な生命保険は、加入者が病気やケガで死亡または所定の高度障害状態になった場合に、保険金の受取人に契約で定められた保険金が支払われる仕組みになっています。

この子と妻を守る保険が収入保障保険

保険金の受取人は、通常は遺族(妻や子など)であり、一家の家計を支えていた方が、自分に万が一のことがあった場合に、残された家族の生活が困窮することの無いようにと加入します。

 

収入保障保険は、よくある死亡保険である定期保険や終身保険と違って、生命保険会社から出る保険金が死亡時に保険金を一括で支払うタイプではありません。
年金のように毎月決まった金額の保険金を、生命保険会社が支払い続けるタイプの生命保険です。
チューリッヒ生命の「収入保障保険プレミアム」は、その代表的な保険商品です。

 

自分が死んでしまったとしても

チューリッヒ生命は、スイスで誕生した保険会社です。日本には、1986年に日本支店が設立されました。

チューリッヒ生命の定期保険プレミアム、終身医療保険プレミアム、収入保障保険プレミアム、チューリッヒ生命の医療保険、がん保険。などを販売しています。

 

中でも特徴のある保険商品が、この収入保障保険プレミアムです。
被保険者(保険が掛かっている人。例:夫に保険を掛けたら夫が被保険者)が万一の時に、被保険者が元気な時と同様に、毎月お給料のような感覚で生活費が受け取れるのは、家族に対する想いが感じられるのではないでしょうか。

結構凄い特徴と保障があるのです。

また、収入保障保険プレミアムも、一般の生命保険同様に、所定の高度障害状態になった場合も保険金が毎月支払われ続けます。
その他、近年はストレス性疾患で入院する方が増加していますが、収入保障保険プレミアムには(というよりも、チューリッヒ生命には)、「ストレス性疾病保障付就業不能保障特約」があり、ニーズに合わせて付加することが出来ます。

俺が死んでもこの子の夢はあきらめさせない

このストレス性疾病保障付就業不能保障特約は、チューリッヒの基準を満たす、ストレスが原因で胃潰瘍や十二指腸潰瘍で入院した時にストレス性疾病年金が支払われます。

また、近年、更年期障害で悩まれる方も多く、中には社会生活に支障をきたし入院する方もおられます。その場合にもこの特約を付けているとストレス性疾病年金が支払われます。
最大とも言える特徴が、「非喫煙優良体型」でして、チューリッヒ生命所定血圧範囲、唾液によるコチニン検査等の条件を通過することが出来れば、オトクな保険料で加入可能です。

 

その他、がん(悪性腫瘍)、心筋梗塞、脳卒中、不慮の事故などで所定の就労不能状態になった時には、就労不能年金が支払われます。これらを総合的に考えると、現代社会で働いている方達のニーズに合致した生命保険ではないかと思います。